サイトトップ >

シミは、色々な種類があります

シミの代表的な要因として思い浮かぶ事は、紫外線を浴びて発生してしまう事が一般的です。でも、他にも要因があります。
シミ等を取ろうと考えると、レーザー等の美容外科での施術をされる人もいますが、化粧品等で薄まったり目立たなくする事もできます。
化粧品等で軽減できるシミの症状は、次があげられます。

①老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
一般的にシミと思われるものの多くは、これです。
紫外線の影響で出来る事が大半です。
初期の段階では薄いシミですが、時間が経つにつれて広まっていきます。

②雀卵斑(じゃらくはん)
いわゆり「ソバカス」です。
遺伝的な要素で、生まれつき頬に点状で広まってしまったシミです。

③炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
ニキビ跡や虫刺されの跡、やけどの跡、一時的なシミです。
放っておいても徐々になくなっていきますが、時間がかなりかかります。

以上3つのシミは、美容液やピーリングで軽減していきますので、チャレンジしてみましょう。

シミにはビタミンCが効く!

紫外線を多く浴びてしまうと、メラニンの色素が肌から出る事が出来なくなります。肌から出れなくなり、残ったままになってしまった物が落ち着いてしまって、それがシミとして表面に出てしまいます。
年齢を増してしまうごとに、その悪い習慣が肌に出来てしまうので、年齢肌にはシミが多くなるとも言われています。
ビタミンCには、メラニンの生成を抑える効果があると言われています。
排出されなくなり残ってしまったものを、ビタミンCは、普通の色素に戻してくれる還元効果があります。
シミには効果的な成分と言えますので、ビタミンC配合の化粧品を使って、シミを無くしていきましょう。

美白化粧水で、シミを予防しよう!

美白化粧水は、文字通美白を高める効果だけではなく、シミにも効く成分が入っています。
特別な成分を配合しており、シミを作るメラノサイトの動きも抑制してくれます。
メラノサイトの動きを止めてあげる事で、メラニン色素排出を抑えてくれるので、肌の色を白くさせてくれます。
シミを除去したり予防したりする効果があります。
美白に興味が無くても、シミに効く要素も盛り込まれておりますので、美白化粧品はシミにも効くという事になります。是非美白化粧品を使って、シミを無くしてみましょう。